投稿日:2022年1月27日

太陽光の造成工事はどんな場所に必要なの?

こんにちは!栃木県さくら市に拠点を構え、外構工事やエクステリア工事、開発造成工事を請け負っているヤシオ株式会社です。
太陽光発電は、自然に優しく電気代を節約できるため、導入を考える方もいらっしゃるでしょう。
しかし、太陽光発電は設置場所によっては造成工事を求められることがあります。
そこで今回は「太陽光の造成工事はどんな場所に必要なの?」をテーマに置き、具体的に解説していきます。
太陽光発電の導入を考えている方は、機器を設置したいと思っている場所に当てはまるかどうかぜひ確認してみてください!

太陽光の造成工事が必要な場所

太陽光発電のための造成工事

斜面が急な場所

太陽光発電の機器を設置したい場所が急斜面だと、設置ができません。
土地を平らにする「整地」という作業が必要です。
もし地盤や斜面の切り取りが必要であれば「切土」という作業を行います。

地盤が緩い場所

太陽光発電の設置場所の地盤が緩い場合は、土地の強度を上げるなどの対策が必要です。
地盤が緩い場所とは、以前は田んぼだったか川が流れていたかなどの理由で埋め立てた土地であることが多いです。
埋め立てた土地の上に太陽光発電を設置するとなると、骨組みとなる架台やフェンスなどの支柱が固定できないといった問題が発生します。
そのため、地盤改良工事を実施して地盤を強くする必要があるのです。

地盤が固い場所

地盤が固い場合も、太陽光発電の設置前に造成工事が必要となります。
地盤が固いと、そもそも架台やフェンスなどの支柱が土の中に入っていきません。
途中で折れたり、施工自体ができなかったりといったリスクが考えられます。
地質変更を行ったり、凹凸が激しければ整地後に地固めをしたりなどを行います。

山林の土地

山林の土地は、手つかずの場合だと森林や草木が生い茂っています。
そこに太陽光発電の機器を設置するとなると、まずは大規模な伐採作業を行わなくてはいけません。
伐採して土をならしたら、草木が生えてこないよう防草剤をまいたり、防草シートを敷いたりなどの処理を行います。
太陽光発電の発電が伸びてきた草木によって妨げられる、なんてことがないようしっかり処理をします。

新規お取引先を募集しております!

お仕事募集中
弊社は栃木県さくら市を拠点に、外構工事やエクステリア工事、開発・造成工事を行っております。
造成工事については、今回ご紹介した太陽光設置に伴う工事を主に対応しております。
施工に必要な重機などは自社で保有しておりますので、より迅速でコストパフォーマンスに優れた工事の実現が可能です。
何かお困りごとがございましたら、ぜひ弊社までお気軽にご相談ください。
最後までご覧いただき、誠にありがとうございました。

ヤシオ株式会社
〒329-1412 栃木県さくら市喜連川4824-1
電話:028-686-3191 FAX:028-686-5621


関連記事

施工事例テスト

施工事例テスト

施工事例をご紹介します。 …

開発・造成工事はヤシオ株式会社にお任せを!

開発・造成工事はヤシオ株式会社にお任せを…

開発・造成工事は弊社にお任せを! 弊社は、戸建て住宅やアパート・マンションの建設のための土台づくりを …

【経験不問】一生モノの技術を身につけるチャンス!

【経験不問】一生モノの技術を身につけるチ…

こんにちは!栃木県さくら市のヤシオ株式会社です。 弊社は地域密着での開発・造成工事・公共工事・外構工 …

採用情報 お問い合わせ